WorkShop @ ift (report)

 

 There are some images captured during the ift event in Osaka (Sound and Icon Workshop). I want to say thank you to every people who was present to created that experience of art.

Now, the Web Iconologia project that I am developping  has a new dimension : throught you I understand the power of living visual language. Icons take meaning because we use theme in daily life… I do not know yet, What I will do with that idea. So,  before the end of that year, I will publish  an sample of Web Iconologia online. The human values icons you produced during that WorkShops will be a part of that Web Iconologia 2009.

So the Web  Iconologia is a simple proposition to inject  new icons as new vocabulary and then proposing life dimensions.

Enjoy art and life !

Jeanne_lb

 

Thanks message and report from Mamoru

 <For English scroll down>

 
先日はiプロジェクトルームftにお越しくださりありがとうございました!
iftのスペース、イベントはいかがでしたか?何でもかまわないので気になったことなども含め率直な感想などお聞かせください。
 
少々通訳に何があったと思ったので、少々長くなりますが下のほうにJeanneさんのワークショップのトークをまとめたものを書きましたので。お時間あればごらんください。
 
またmixiに参加されているようでしたら是非こちらのほうからiftのコミュニティーにもご参加ください今回のレポート、レビューもアップしました。
 
Jeanneからくれぐれも皆さんに「Merci」とのことでした。
彼女のメルアドはあて先のとおりです。直接連絡したい方はご自由にどうぞ。
 
今後ともよろしくお願いします!
 
Thank you all for coming out the other day!
If you have any feed back about the space, event, our project, please do write us!
 
I have put a short review on the  tail of this email as a small effort to fill up some of the element that was lost in translation.
 
if you have an account on mixi, there is our comunity and the report, review of the event is updated.
 
 
we lookforrward to see you again!
 
mamoru

—————————————
Jeanne Landry-Belleuワークショップ/「アイコンを通して世界を見る/作る。」
(For English readers, please scroll down)

 身の回りにあるいろいろな図/イメージを通して人間性や時代性を読み解こうとする15世紀のイタリア人美学者チェザレ・リパ(http://en.wikipedia.org/wiki/Cesare_Ripa)の著作に端を発する「イコノロジー(図象学)」という考え方を自分なりに解釈するところからジャンのリサーチははじまっている。
 彼女のアイデアの根本には他の多くのアーティスト達も共有しているだろう信念がある。“もし身の回りのイメージが現実世界(人間性、世界の様相)を反映しているのなら、イメージを読み解く事で世界が見えてくる。また逆に、新しいイメージを作り出す時にそれは現実世界に投げかけられ、新しい世界のあり方を作り出していく。”ここで言う現実世界、または人間社会というのは連綿と刷新されていく事そのものであり、どのように人と人が繋がるのかというコミュニケーションの方法にこそ実相が集約されている、とジャンは考える。
 15世紀ヨーロッパにおける個人間の手紙のやりとりに現代に繋がるコミュニケーションの原型を見ているジャンからすると、インターネットの存在は現在の人間社会/コミュニケーションにとって間違いなく最も重要な要素のひとつだろう。Web 2.0(双方向型のネット上のコミュニケーション)が可能にしたSNSなどの新しい人間関係は社会そのものに多大な影響を及ぼしている。さらにネット空間では性別、年齢、宗教、人種、国籍、言語などの障害を時には越えてしまう可能性も示している。その中で言語的役割をもったのがアイコンと呼ばれる表意図/イメージだ。つまり、ジャンにとってこの世界を読み解くという事はウェブ上に溢れかえっているこれらの膨大なアイコンを通して可能であり、その中に人間社会とその中で扱われる価値を読み解く事に他ならない。
 彼女の信念にのっとって考えると、Web文化の根底にある人間性をふまえた上で、「新しいアイコン」を考え、作り出すことで次々に刷新されていっているこの世界の生成に参加する事になる。アイコンを共に考え、描き、読み解き、シェアするということは、つまり共に社会の在り様をデザインしようとする事だったのだ。今回のワークショップで提示された新しいアイコンは今後彼女の作成するWebサイトにて無償ダウンロード可能になるそうで、それらがどのように流布する、または流布しないのか、どのような様相を生み出すのかとても気になるところだ。

レビュー/ift
※上記文章中の情報はジャンが語った内容から引用しています。 

On 2009.10.23-24 @ ift presented a workshop with two artist; Jeann Landry-Belleu and Mamoru Okuno.

 Jeanne works on the issues related to Web culture and especially the icons in relation to the 15th Century italian writer Cesare Ripa(http://en.wikipedia.org/wiki/Cesare_Ripa). She introduced her ideas about the Web and her current research on icons.
 If the images surrounding our society can be seen as the reflections of what human reality today, then analyzing images can be a search for Humanity. Jeanne tried to collect icons on Web to understand the human values among the Web culture. Then she started creating new icons to project her ideals on Web, where new form of communication are continuously updated. At the end of the workshop, all of the participants made their own icons representing various human values, and they will be up on Web for people to download freely. The artist’s intention is to see if they would effect the future of our world.

Sound artist Mamoru introduced one of his “etude for everyday objects and practices” His “etude” is an attempt of create art work by a simple idea; recode, decode, remix with everyday elements which often are considered economically worthless. The “etude no.12 variation for eating Nori paste together” involves people eating Nori paste on a Japanese cracker with other seasoning as snack. During the workshop, Mamoru made these snacks for participants to enjoy eating. At the end, he showed the process of empty glass bottle of Nori paste becoming “etude no.12”, a sound object. People passed the object that was put on a small light box one by one to listen to the sound. The sharing of the process transcend the object from to-be-a-garbage into a work of art.

Laisser un commentaire

Entrez vos coordonnées ci-dessous ou cliquez sur une icône pour vous connecter:

Logo WordPress.com

Vous commentez à l'aide de votre compte WordPress.com. Déconnexion / Changer )

Image Twitter

Vous commentez à l'aide de votre compte Twitter. Déconnexion / Changer )

Photo Facebook

Vous commentez à l'aide de votre compte Facebook. Déconnexion / Changer )

Photo Google+

Vous commentez à l'aide de votre compte Google+. Déconnexion / Changer )

Connexion à %s